環境調査

生態系をはかる技術

環境調査は、地理的、生物多様性などから海域をⅠ. 湿地 ( 干潟・潮間帯・サンゴ礁 ) 領域、Ⅱ.藻場領域、Ⅲ.浅場・内湾・沖合領域、および機械学習と生息地適正評価の4つに分けて、それぞれの領域特性に合わせた調査を立案し、実施しています。

環境調査業務一覧

  • 湿地 ( 干潟・潮間帯・サンゴ礁 )
    領域

    • 有用二枚貝浮遊幼生の識別
    • 資源魚類・貝類などの成長モデルの開発
    • 二枚貝類の資源を減少させると考えられる自然現象の把握
  • 藻場領域

    • 地形やアマモ場の分布のドローン技術での計測
    • アマモの遺伝子解析
    • 魚類の食害防止対策
  • 浅海・内湾・沖合領域

    • バイオロギングによる魚類などの行動追跡
    • 計量魚探による浮魚などの現存量推定
    • 炭素窒素安定同位体比を用いた食物連鎖解析および生態系構造の解析
    • 漁場の動態と流れや水塊、餌との関連
  • 機械学習と
    生息地適性評価

    • 各種生物における生息地の適性度を評価
    • 機械学習を用いて、生息環境要素との関連を精度よく評価