技術論文公開

シャトー海洋調査
技術論文の公開に当たって

21世紀は環境の時代といわれています。すなわち、自然と人間が調和・共生することを目標とする時代です。一つ一つの開発事業は人類にとって不可欠なものであり、それを「環境にやさしく」、「生態系にやさしく」開発するためには、「正しく海や生態系を知る」ことが不可欠であると思われます。このようなスタンスのもとで、レーダー画像解析技術、バイオテレメトリー技術、藻場造成技術等々の最新の技術を開発し「環境や生態系にやさしく」というお客様のニーズに応えるべく努力いたしております。

この度、このような最新の技術を用いた成果の一部を技術論文として取りまとめ、公開することになりました。多くの方々に関心を持っていただけるものと期待するものであります。 ここに、公開に当たって、関係してくださったお客様方のご好意ならびにご協力に対し、厚くお礼申し上げます。

藻場領域

浅海・内湾・沖合領域

00 タイトル
掲載誌,巻(号),頁,発行年
01 レーダー解析画像による大阪湾におけるイカナゴシラスの漁場形成機構
水産海洋研究,64(3),138-143 (2000)
02 大阪湾におけるイカナゴ漁場の動態と潮流
海と空,77,19-24 (2001)
03 Evidence of homing of black rockfish Sebastes intermis using biotelemetry
Fisheries Science,68(6),1189-1196 (2002)
04 レーダー画像解析による大阪湾のマアナゴ漁場の変動把握
水産海洋研究,67(1),1-8 (2003)
05 超音波バイオテレメトリーを用いたスズキの移動と回遊の記録
日本水産学会誌,69(6),910-916 (2003)
06 大阪湾におけるレーダー画像解析によるカタクチイワシのシラス漁場と海洋環境との関係
水産海洋研究,71(1),38-44 (2007)
07 日本海佐渡島羽茂地先の人工魚礁における超音波バイオテレメトリーを用いたマアジの行動様式
日本水産学会誌,75(6),1019-1026 (2009)
08 人工魚礁における魚類行動研究への超音波バオテレメトリー技術の適用とその課題
水産工学,49(3),187-197 (2013)
09 瀬戸内海の千軒湾地先における炭素窒素安定同位体比からみたマコガレイ稚魚の食物と食物源の推定
日本水産学会誌,81(4),681-687 (2015)
10 1978-2003年における伊勢湾でのカタクチイワシ現存量と動物プランクトン密度、塩分の関係
水産海洋研究,80(3),207-213 (2016)
11 個体成長モデルを用いた伊勢湾東部沿岸域におけるアサリRuditapes philippinarum資源の減耗要因の検討
水産海洋研究,84(4),11-26 (2020))

評価

00 タイトル
掲載誌,巻(号),頁,発行年
01 空港島建設に伴う底生魚類群集への影響評価の試み:IBI手法による環境監視データ解析
海岸工学論文集,50,1131-1135 (2003)
02 大阪湾におけるマアナゴの分布移動特性と生息地適地評価モデル
海岸工学論文集,50,1151-1155 (2003)
03 有明産タイラギの生物モデルによる大量へい死原因仮説
土木学会論文集B2(海岸工学)、69(2)1_1186-1-1190
04 漁港の生態系構造と生物現存量の推定
土木学会論文集B2(海岸工学)、69(2)1_2111-1-1215
05 瀬戸内海東部のイカナゴ船曳を対象とした漁業シミュレータの開発
土木学会論文集B2(海岸工学),69(2),Ⅰ_1196-Ⅰ_1200 (2013)
06 機械学習を利用した内湾における浮魚類群集の空間分布量の推定
土木学会論文集B2(海岸工学),75(2),Ⅰ_1129-Ⅰ_1134 (2019)
07 機械学習を用いた沿岸海域における赤潮予測
土木学会論文集B1(水工学),75(2),Ⅰ_781-Ⅰ_786(2019)

技術論文に関するお問い合わせは下記まで

osaka@chateau-kaiyou.co.jp